芸能人の結婚報告

先日、西島秀俊さんに続いて、向井理さんまで結婚!そんな報告を朝一番のニュースで聞いて…びっくり…西島秀俊さんの時には軽くショックを受けましたが、向井理さんは、かなりショックです。
うちの次男が小学生の頃から『向井理に似てるね~』とよく言われていたのでいつの頃からか向井理さんの出るドラマは欠かさず見るようになりいつの間にか大ファンになっていました。
私が向井理さんのファンになったのは結構、遅くて…今頃?みたいな感じでした。
だから、向井理さんがそんなに人気のある人だと気づいたのも随分、後でした。
でも、まさかまさかのですよね。
向井理さんは芸能人の結婚したい男性部門の第一位!西島秀俊さんは第二位でしたから本当にダブルの驚きです!
第四位の堺雅人さんも菅野美穂さんと少し前に結婚されていますから、理想の結婚相手の男性がバタバタと消えていってしまってるなんて…。
残るは第三位の福山雅治さん…まさか、流れに乗って結婚宣言したりして(笑)
ひと昔前までは、人気絶頂期にはなかなか、芸能人の方は結婚しないイメージがありましたが今は皆さん、正々堂々と結婚報告され二人のプライベートな生活まで公開してくれる方も多く、そんな生活ぶりを見て更に素敵な男性!と思わされることもありますね。
今回、向井理さんの結婚についての番組内で向井理さんがあるインタビューで、今の時代は男性が家事をやらなくても良い時代ではないので協力して一緒に!みたいな発言もありました。
お相手の国仲涼子さんは女優業を続けるようですし、きっと向井理さんが優しくサポートしていくのでしょうね!
格好いいし、優しいし、家のことも協力する素敵な旦那様になること間違いなしですね。
本当に羨ましい限りです。

最近の農家の嫁

友人の長男が大学を卒業と同時に結納を入れたと報告を受けました。
『えっ、もう結婚するの?もしかして、できちゃったの?』と尋ねたところ、
『いやいや、できてはいないんだよ。実は中学の頃の同級生で昔から感じの良い子だなとは思っていてね!ずっと、卒業してから会っていなくて大学に入ってから久しぶりに再会して、そこから初めてお付き合いが始まったのよ。』
息子さんは農家の長男で大学を卒業したら地元に戻り家業の農家を継ぐ事は決まっていたそうですが、まだまだ若くお父さんも現役であと10年は大丈夫だろうというくらい元気なのに、そんなに焦って結婚する必要があるのかなと思ってしまいますが…。
やはり、田舎の農家にはなかなか嫁に来るものがいないのが現状らしいです。
それで、結婚後は完全に息子さんが農家を継ぐ時までは奥さんになる方の実家に息子さんが同居して、お嫁さんの実家から息子さんが農家仕事に通って来るという条件で結婚を決めたそうです。
そして、奥さんには農家のお手伝いをせず自分の仕事を続けて良いと言ったそうで、彼女は介護の仕事を続けていくそうです。
やはり、今の世の中田舎の農家にはなかなか簡単には嫁いでくれる嫁はいないそうです。
この友人の住む田舎も数年前にテレビで放送されている某お見合い番組に出て独身男性達がお嫁さん探しに奮闘しました。
40代50代になってもお嫁さんが見つからないという現実を見てしまうと、せっかくできた彼女は逃さないように早く結婚の約束をして出来るだけ早く結婚するのが良いのかもしれないですね!
まだ若いお二人が幸せになれまように!

婚姻届けを出すタイミング

結婚の手続きと言ったら一般的に婚姻届けを提出するってことを思い出しますね!ドラマなんかでは婚姻届け提出のシーンを結構、感動的だったり、ラブラブモードで演出することが多いなという印象です。
自分の時も、そんな想像をしていましたが何だか忙しく結婚式までの時間を過ごしていたせいで入籍のことも考える暇もなく結婚式を迎えてしまい
結婚式の次の日から新婚旅行へ出発し、それからお互いに仕事が忙しく婚姻届けを届けに行けぬ日々…私達夫婦は8年間お付き合いしてからの結婚で同棲生活も2年くらいしていましたから引っ越ししたりするなどの手間がありませんでしたし、入籍をしないからと困ることもなかったので今までの生活の延長のような感じで届けでしないまま4か月が経過していました。入籍をするきっかけとなったのが私の妊娠です。
『赤ちゃん、できたかも。まだ、婚姻届け出してなかったね…。もう、いい加減出さないと…。』
もちろん、すぐに婚姻届けを二人で提出にいきました。感動するのかな?
一生、心に残る思い出の日になるかなと思っていましたが、印象が薄かったのでしょうね。今、その時のことは記憶に残っていません。
結局、残念ながら、その時できた子供は流産してしまいました。
その子が宿らなかったら私達はいつまで入籍していなかったのでしょうか?
幸いにもその後妊娠し子供が生まれたので、その子には結婚に伴う各種手続き、事前にやるべき事をしっかり読んで、同じようなことが無いよう言っておかなければなりませんね。